FC2ブログ

      〈わが家のワンコ〉と〈わがまち・奈良〉のことをつづります

   ~犬 ときどき 奈良のこと~のナビゲーター   トップページ > 犬の話 > 犬の話   ~犬との出会い~  

犬の話   ~犬との出会い~

2011 - 11/06 [Sun] - 09:00

私は犬が大好きです。

初めて犬と暮らしたのは中学2年生の頃。

記憶が定かではないのですが、

同窓生の近所で生れた子犬を飼ってくれと頼まれて

家に連れて帰りました。

紙袋に入れて、電車代(犬の分)を払って・・ ここは、鮮明に覚えてます。お金がからんでるから??

突然連れて帰ったにも拘らず、親も了解してくれました。

ただ、あまりにも幼かったのでもう少し大きくなるまで親元で育てるように言われ、いったん返しました。

よくある話ですが、結局、世話は父親がすることに・・

たまに気が向いたら、散歩に同行したりシャンプーに付き合ったりする程度でした。

そして、1年経たないうちに死なせてしまいました。

思い出すと今も申し訳なくて涙が出ます。

当時は世間でも、ペット、家族、愛犬なんて意識は低く、動物病院も近くにありませんでした。

調子が悪くなり、電話帳で病院を探して明日連れて行こうと話していたのに間に合いませんでした。

最期の悲しげに泣いた「ウオ~ン」は今でも忘れません。



それからは、犬を飼いたいとは1度も言いませんでした。

ジョン(その子の名前)のことを思うと、言えるわけがありません。

私には犬を飼う資格がないと思ったのです。


長じて犬と暮らすことは私の夢になりました。

本を買い込み勉強です。今も本だらけ・・

もっともっとで、愛玩動物飼養管理士2級も取得しました。


一戸建ての家に住むことになった時

オットが「犬、飼ったら?」と言ってくれたのです。

驚きました。オットの両親との同居のために探した家で、

介護も必要だったので犬のことなど考えていなかったからです。

犬を飼いたいと思う私の夢を覚えていてくれたこと、嬉しかったです。


たまたま、パドというタウン誌に、公園に捨てられた犬の里親募集を見つけ、

電話したのが、あことの出会いのきっかけです。

既に公園の犬は里親さんが見つかっていましたが、他にもたくさん居るとのことで、

『関西動物友の会』のメンバーSさんと知り合い、Sさんの家でお見合いをしました。


初めて会う私たちにシッポを振り、かわいいワン(1歳2ヶ月)でした。

私は犬ならどんな子でも良いと舞い上がっていましたが、

オットは、立ち耳で手足の先が白くて、気に入ったそうです。

08-06-13_14-11~00

平城旧跡08-03-09

あこが、我が家に来てから約12年。

勉強して勉強して、何でもわかっているつもりが、オロオロドキドキ。

怒ったり落ち込んだり、心配したり大笑いしたり・・

あこが、すやすや寝ている姿を見ると、「ああ幸せやなぁ」と心から感じます。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
にほんブログ村

あこへのラブレターになってしまいました。こんなに幸せを運んでくれる犬を簡単に捨ててしまう飼い主が後を絶ちません。タイトル『犬の話』では、保護犬や里親募集、保護活動をされている人の話を書いていこうと思います。私の思いと保護活動されている方の気持ちを混同しないように気を付けて、少しずつ書いていきます。お付き合いいただけると嬉しいです。

スポンサーサイト



コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momoako81.blog81.fc2.com/tb.php/147-8f6824d3

 | HOME | 

プロフィール

momoako

Author:momoako
奈良在住。
犬が大好きです。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター