FC2ブログ

      〈わが家のワンコ〉と〈わがまち・奈良〉のことをつづります

   ~犬 ときどき 奈良のこと~のナビゲーター   トップページ > 2013年10月08日  

本 『おひとりさま、犬をかう』 続き

2013 - 10/08 [Tue] - 19:08

昨日の続き。

私の将来に、きっと役立つお話。


~幸せなさようなら~
「肝臓に腫瘍ができていますね。レントゲンではっきりわかる程大きいものです。」
中略・・余命は長くても半年。短ければ1ヵ月くらいかもしれない。
 はあ?何言ってるの?そんなの見立て違いじゃないの?先生の話を聞きながらも、私はその診断を受け入れることができなかった。
中略・・最後は病気になってしまったけれど、13歳半は、大型犬としては立派な長生き。かつて心に誓った通り、私は、一生、リキを守ってやることができたのだ。おひとりさまの私だからキチンとリキの最期を看取ってやれるかどうか不安だった。
 私が留守にしている間に、リキにもしも何かあったら。リキを、ひとり淋しく逝かせることになったらどうしようか。そんな不安がいつも心のどこかにあったのだ。
 でも、今、リキはこうして、私の腕の中で安心して眠りにつこうとしている。そのことを心から感謝していた。
 リキと一緒に過ごすことができた、この幸せな年月にも。
中略・・
 リキとふたりきりの最後の時間。
 別れの時が刻一刻と近づいてくる中で、
 意外なことに、
 私は悲しみよりも、
 幸せを噛みしめていたのだった。



~ペットロスにならない方法~

中略・・そして、リキが旅立って行った時も、一緒に悲しみを分けあってくれる人たちがいたからこそ、穏やかな気持ちで見送ることができたのだ。
 自分自身に責任を持つことは大事なことだ。
 だけど、何もかもひとりで背負い込むことはない。
 ひとりでがんばろうとしないで、時には、素直に他人に頼ってもいい。
 悲しみは分けあって、
 楽しみは持ち寄って、 
 支えあって、助け合って行くのがいい。
 そうすれば、
 人生は軽やかに、歩きやすいものになる。
 それもまた、リキが教えてくれたことだ。



~悲しくてあたりまえ
中略・・生き物を飼っている人のほとんどは、いつかその死を経験しなくてはならないだろう。愛情が大きければ大きい程、悲しみもおおきくなる。悲しくてあたりまえ。でもその悲しみは、決して一生続くものではないのだから。 思い切り悲しんでください。 好きなだけ泣いて下さい。
 きっとそれが、「ペットロスにならない方法」のひとつだと思うのですよ。

~悔いなく愛すること
中略・・私が難なくペットロスを乗り越えることができたのも、リキが残してくれた「愛」に支えられていたからだ。 だから、限られた命の動物たちと暮らしているみなさん。 どうか後悔のないように、せいいっぱい、今を大切に過ごしてください。 悔いなく愛して下さい。 それが、
 ペットロスにならない、一番の方法なのですから。



私が感銘を受けた場所を抜粋したら、こんなに沢山になってしまいました。

写し間違いがあったら、ごめんなさい。


あこを介助しながら、ヒステリーを起こすこともしばしばあるけれど、

愛情だけは持っています。

私を頼りにしている姿を見て、愛さずにいられるわけがありません。


硬いところばかりを抜粋していますが、

作者とリキ(女の子だよ)の楽しいエピソードもいっぱいです。

ぜひ、読んでみて下さいね。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 親バカへ
にほんブログ村 ポチッとね 


私の愛するあこ

2013年10月8日5
庭散歩でお休み中

2013年10月8日8

2013年10月8日16


私の愛するウメちゃん。
2013年10月8日21
ウメちゃんも庭に出ておいでよ

2013年10月8日23
可愛いね。

2013年10月8日25
プイッ!

スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

momoako

Author:momoako
奈良在住。
犬が大好きです。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター